草食系恋愛コンサルタントの杏奈薫(あんな かおる)です!

さて、今日は朝活でも好評だった、簡単にできるメールテクニックのひとつを紹介しますね☆

これは、私がトラウマになるほどのモテ期に突入する頃に体得したスキルの一つ、

でも、超ーーーーーシンプル!!!

知りたいですか?

本当に知りたいですか?

うふふw

(焦らしてごめんね)

では教えましょう!!!

それは、ずばり

「相手の言葉をそっくりそのまま使うこと」

例えば、

Aさん:「今日あついね~」

あなた:「ほんと暑いですよね>_<

はダメですよ。

なぜか分かりますか?

相手が、「あつい」と言っているので、あなたも「あつい」と使うのが正解です。

なぜなら、その方が相手の潜在意識にアプローチできるのです。

「暑い」「あつい」「アツイ」「HOT」意味は同じでも、文字から受ける印象って異なりませんか?一般的に漢字の方が大人っぽく真面目な表現、ひらがなは子どもっぽくラフな表現として受け取られます。

例えば、「あつい」と「暑い」。

ひらがなの方が、フランクで曖昧。少し子どもっぽいイメージ。

それをそのまま映像化するなら、白いタンクトップの男の子が、「あついよー」と嘆いている感じでしょうか。

漢字の方は、もう少し真面目で正確なイメージ。

夏の風鈴やお中元、うちわや金魚など「日本の風物詩」的なイメージがわきます。

実は「意味の共有」よりも、この「イメージの共有」の方が相手の心には印象に残るのです。

つまり、同じ言葉をそっくりそのまま使うことで、潜在的なイメージの共有ができるので、無意識に「この人は同じ感覚の人だ」と親近感を持ってもらいやすくなるのです。

“この人は自分のこと分かってくれてる”“この人と自分は似ている”と思ってもらえるということは、その後も圧倒的に仲良くなりやすいということです。

この“無意識に”というのがポイントで、

人は知覚できる“顕在意識”よりも、“潜在意識”の方が、人の行動や感情への影響が圧倒的に大きいのです。

そっくりそのまま相手と同じ言葉を使うだけで、これだけの効果があるなら使わない手はありません。

実際、杏奈はこのテクニックでトラウマになるほどモテ期を加速させることができました!

是非、仲良くなりたい人にはやってみてくださいね(o^^o)

いつも読んでいただきありがとうございます☆

———————————————-

【講師プロフィール】

杏奈 薫(あんな かおる)

大学で心理学を勉強。中高一種教員免許取得。

4歳から恋愛オタク、不登校からトラウマになるほどのモテ体質に変革。

【お客様の声】

・セミナーに参加して10日後に彼女ができた!

Facebook読むだけで生まれて初めての彼女ができた!

・セッション受けて半年で理想以上の結婚相手に巡り会えた!

恋愛相談や質問はこちらから

お問い合わせ

#彼女の作り方 #モテ #出会い #必勝法